ユニークなアイコンが印象的な無料セキュリティサービス

「Dr.Web Send a suspect file」は、無料で各ファイルやWebページのウィルス検査や駆除を行ってくれるサービスです。
ホームページを開くと、男性と女性のアイコンが表示されていて、男性のアイコンはWebページのウィルス検査を、女性のアイコンは各種ファイルのウィルス検査を行ってくれます。

実行ファイルや画像ファイルなどのほか、ブログパーツのウィルス検査も行ってくれる画期的なサービスであるのに加え、モバイル用のアプリも開発されており、危険なアクセスを防いでくれたり、子どもに適さないサイトへのアクセスを制限するなどの機能があり、モバイルユーザーから高評価を得ています。

Dr.Web Send a suspect fileの使用方法

アクセスしようとしているWebページのウィルス検査を行いたい時は、まず男性の顔アイコンをクリックします。
すると「リンクをチェック」という表示があり、URLを貼り付ける欄がありますので、そちらに該当サイトのURLを貼り付けてください。
横の「send」ボタンをクリックすると、スキャンが開始されます。

スキャンが完了すると新しい画面が開きます。
検査結果は英語で表示されるのでわかりにくいのですが、上手にWebブラウザの顔アイコンが表示されており、それらのアイコンがすべて笑顔マークだった場合はウィルスの検知結果がゼロだったということです。

各ファイルのウィルスを検査したいときは、女性の顔アイコンをクリックします。
中央部にファイルを選択するための「参照」ボタンがありますので、そちらをクリックして該当のファイルを選択し、「開く」ボタンを押してから、横の「send」ボタンをクリックしてください。
「CLEAN」という表示があれば、ウィルスは検知されなかったということです。

Dr.Web Send a suspect fileを使用する上でのポイントや注意点

Dr.Web Send a suspect fileはシェアウェアも販売していますので、各検査結果の画面で購入を促すリンクが表示される場合があります。
英語で表示の意味がわからないという人は、むやみにリンクをクリックしないようにしましょう。

また、こちらのサービスでは「ジャーンル」と呼ばれる検査ログファイルをテキストファイルとして保存することができます。
統計画面よりダウンロードできますので、お仕事の関係などで検査ログが必要な方は利用してみてください。

ほかの無料セキュリティサービスと比べると、Dr.Web Send a suspect fileは認知度が高いサービスではありませんが、しっかりウィルス検査をしてくれるほか、スキャンの速度も早いので、利用しやすいサービスです。