トレンドマイクロの提供する無料セキュリティサービス

「HouseCall Trendmicro」は、セキュリティベンダーとして知られるトレンドマイクロが無料で提供しているセキュリティサービスです。
多くの無料サービスでは、オンライン上でWebページや個別のファイルに対するウィルス検査を行うのに対し、HouseCall Trendmicroはローカル環境のウィルス検査ができるという特徴があります。
クラウドサーバーを利用することでローカル環境に負荷をかけずにパソコン内をスキャンすることができ、また無料ということから利用者が多いサービスです。

HouseCall Trendmicroの使用方法

まずはHouseCall Trendmicroのホームページからプログラムのダウンロードを行ってください。
ダウンロードの際には簡単な個人情報を入力する必要があります。
また、32bit版と64bit版でプログラムが異なりますので、ご自身の環境に合ったものをダウンロードしてください。

デスクトップなど分かりやすい場所に保存し、プログラムを実行すると、「I accept the terms of the license agreement」と表示された画面が出てきますので、こちらにチェックを入れて「Next」をクリックします。
次の画面では「Settings」の画面をクリックし、さらに画面が進んだら「Full system scan」をクリックすると、前の画面に戻ります。
こちらの画面で「Scan Now」をクリックすると、スキャンが開始されます。

HouseCall Trendmicroの利用における注意点

ほかの無料サービスも同様ですが、HouseCall Trendmicroもウィルス検知はできるものの駆除機能はついていないので、ウィルスが見つかった場合は駆除ソフトなどを別途用意して対応する必要があります。
まれに誤検出をしてしまうことがあるようですので、その場合は別のセキュリティソフトで再度検査するか、該当ファイルを検索するなどして誤認性を確認してください。
Windosのシステムファイルを誤検知してしまったという事例が発生しているようですので、再確認は重要です。

HouseCall Trendmicroを使用するメリットは、無料でローカル環境のウィルススキャンができるという点と、新しいウィルスについてもすばやく対応しているため、いち早く検査を行なうことができるという点です。
ただ毎回ダウンロードして使用する必要があるため、ちょっと手間がかかると感じる人もいるかもしれません。
パソコンの環境を変えたなど、危険性があると感じた時に利用するとよいでしょう。