手早くウィルス検査ができる無料サービス

ブルーのシンプルなデザインが使いやすそうな「Metascan Online」は、マカフィーやシマンテックを始めとする約40のセキュリティベンダーがパソコン上のウィルス検査を行ってくれる無料のサービスです。
各種ファイルやIPアドレス、またハッシュ値においても安全かどうかを検査することが可能となっています。

こちらのサービスはウィルス検査し、検知することはできますが、発見されたウィルスを削除するなどの処理は行いません。
パソコンにすでにセキュリティソフトがインストールされていて、ちょっと使用するファイルやIPアドレスのウィルス感染を調べたい、というときに利用し、実際の駆除は手持ちのセキュリティソフトで行なう形になります。

Metascan Onlineの使用方法

Metascan Onlineのページにアクセスし、ファイルをスキャンしたい場合は「SCAN A FILE」と書かれた部分をクリックします。
下に「SELECT A FILE」と書かれたボタンがあり、そちらをクリックして検査したいファイルを選択してください。
もしくは白い部分にファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることでもファイルを選択できます。

スタートボタンはなく、ファイルを選択した時点でスキャンが始まり、完了すると画面が変わります。
左側にスキャンしたウィルススキャンのプログラム数と感染したウィルスの数が表示され、左側の数字が0であればウィルスには感染していないという結果です。

ハッシュ値やIPアドレスを調べる際は、ハッシュ値であれば「LOOK UP A HASH」、IPアドレスであれば「SCAN AN IP ADDRESS」をクリックし、調べたい値を貼り付けて右のスキャンボタンを押せばOKです。
チェックマークが表示された場合はウィルスが検知されなかったということ、×マークが表示された場合は危険な結果が出たということになり、危険性のあるウィルスも一緒に表示されます。

Metascan Online利用における注意点

前述しましたが、Metascan Onlineにはウィルス駆除機能はついていないため、別途セキュリティソフトを用意する必要があるという点は注意が必要です。
また、Metascan Onlineはまれに誤検知をする場合がありますので、より正確に検査したい場合は、複数のセキュリティサービスを利用することをおすすめします。

また、以前検査を行ったファイルについては再度スキャンにかけてもウィルス検索は行なわれず、前回の検査日時が表示されます。
再度スキャンをしたいときは、「Rescan」のボタンを押すことで検査することが可能です。
これらの注意点を踏まえた上で、快適にMetascan Onlineを利用してください。