パソコンを使用している人で、ウィルス対策をひとつもしていない」という人はいないでしょう。
インターネットを使わない人であれば別ですが、今はパソコンを購入する際にウィルス対策ソフトなどを入れてくれることが当たり前ですので、何らかの対策をとっていることが普通です。
では、仮に何のウィルス対策もしていない場合、どうなってしまうのでしょう。

本当に一瞬の間に感染してしまう

これは実際にあった話です。
インターネットのプロバイダに申し込みをして、工事までに間があったので、モデムを使ってインターネットを楽しんでいました。そして、準備も整い「よし、ウィルス対策をするか!」とソフトを入れてみたら、あっという間にウィルスが完治されてしまった・・・というお話。「そんなに簡単にウィルスにかかるわけがない」と思ってしまいがちですが、ウィルスというのは本当に簡単に感染するものです。

間違ってはいけないのは「大手サイトだけ(YAHOOなど)なら、ウィルスにかかることはないだろう」ということ。
大手のサイトではもちろんウィルス対策をしっかり行っていますが、絶対なんて対策はないのです。ただネットサーフィンをしていただけなのに、ウィルスに感染してしまった・・・なんて事例は山ほどあります。ただネットを見ていただけなのに、ウィルスに感染してしまったら怖いですよね。だからこそ、きちんと対策をしなければなりません。

ウィルスの脅威

本当に酷いウィルスになると、その人が使っているパスワードや暗号を読み取って盗んでしまうこともありますし、遠隔操作でその人のパソコンを勝手に使ってしまうこともあります。
以前、パソコンの遠隔操作で無関係の人が誤認逮捕されたケースがあるでしょう。あれは、ネット上にあったアドレスを踏んだときにウィルス感染してしまい、パソコンが遠隔操作された結果なのです。幸いなことに誤解がとけ、犯人も逮捕はされましたが、こういったことで逮捕までされてしまうというのは恐ろしいことですよね。

また、クレジットカードなどの番号を読み取られてしまうと、勝手にカードを使われるなどの被害にあうこともありますので、本当に気を付けなければなりません。
ウィルス対策はあらゆる方法がありますが信頼のおける最新型のウィルス対策ソフトをきちんと入れておくことが大事です。インターネットを使う時は、きちんとウィルス対策もすること。これが大事ですので、ウィルス対策を徹底してパソコンを使う様にしてください。これは、本当に大切なことです。