最近主流のクラウドサービス

みなさんは「クラウドサービス」というシステムをご存知でしょうか。
このクラウドサービス、最近のインターネットには欠かせないものとなっています。
企業で仕事をしていると、みんなでひとつの情報を共有することがありますよね。

例えば、今度はじまるプロジェクトについて記述した文書があったとします。
でも、それを社員全員に印刷して配布していたのでは面倒です。
また、メールでやり取りをしようとすると、その機密がどこからか漏れてしまうのでは?と不安にもなります。
そこで、お勧めなのがクラウドサービス。

インターネット上にファイルを上げておけば、アクセス権がある人なら誰でもそれを見ることができるというのがクラウドサービスです。
もっとわかりやすく言えば、自宅を思い浮かべてみてください。
自宅は、鍵を持っている家族だけが自由に出入りでき、中のものを自由に使えますよね。
クラウドサービスも、これと似た様なサービスと考えてみてください。
自宅のシステムを、インターネットに置き換えたものがクラウドサービスです。

クラウドサービスのメリットとは

まず、クラウドサービスのメリットとは「ひとつの情報を全員で共有することができる」という点です。
いちいち一人ひとりに進行状況を説明しなくても、クラウドサービスをつかえば誰がどんな作業をしているかをしっかりチェックすることができるでしょう。

また、もうひとつのメリットとして「データをネット上に上げておくので、万が一パソコンが壊れたり、外部の保存機器が壊れたとしても、データが壊れることはないというメリットもあります。
こうして考えると、クラウドサービスにはおもった以上にたくさんのメリットがあることが解ります。

家庭でも使えるクラウドサービス

l_151
実は、家庭でもクラウドサービスを使う例が増えています。
家族で撮影した写真の管理をする際、クラウドサービスを使えば、パスワードを持っている人だけが写真をチェックすることができるでしょう。

こういったクラウドサービスのメリットは、家庭でも活かされつつあるのです。
今後も、クラウドサービスの幅はどんどん広がっていくでしょう。
もし、企業でも自宅でもクラウドサービスを使ってみたいと考えている人は、ぜひいろいろなものを使ってみてください。お勧めはドロップボックス。初心者でも使いやすいですよ。