クラウドサービスを使って、動物病院に行こう

今、動物病院向けに行われているのが「ぺっとん君」というクラウドサービスです。
あらゆるところで導入が検討されているクラウドサービスですが、動物病院にまで使われているのは驚きですね。
では、クラウドサービスはどの様なところで活躍しているのかを見ていきましょう。

動物病院の問題は待ち時間

動物病院が抱える問題のひとつに「待ち時間」というものがあります。
動物病院はまだまだ数が少ないため、どうしても病院に人が殺到しやすくなってしまうでしょう。
そうなると、お客さんやペットを待たせてしまうことに繫がります。

犬であればリードを使って手元におき、大人しくさせることも可能ですが、猫の場合は必ずキャリーケースに入れて運ばなければなりません。
キャリーケースに慣れていない猫の場合、やはり狭い空間にずっと閉じ込められるというのは大変なストレスになってしまうでしょう。
子猫などが、待ち時間ずっと泣きっぱなしなどということはよくあることです。
こういった鳴き声が、他のペットやお客さんにストレスを与えてしまうかもしれません。
そんなことにならないように、利用されているのがクラウドサービスなのです。

このクラウドサービスでは、お客さんがどんな方法をつかっても予約をすることができる様になっています。
電話、携帯、パソコン、どんな方穂でも予約OK。そして、受付時間になる前に連絡をしてくれるので、お客さんはその時間になったら病院に行けばいいのです。
こういうサービスがあることで、お客さんを待たせるということが少なくて済みます。

また、受付に関しても同様。
診察が近くなると呼んでくれますから、それまでは病院の近く(車の中など)で待機しておくkとができます。
これなら、病院にきてもストレスが少なく、サッと診察や治療を済ませることができるでしょう。
こういった負担がすくなくなることで、お客さんもより病院にきやすくなります。それだけでなく、病院側も「お客さんを待たせてしまっている」というストレスがありませんので、そういう意味でも嬉しいですね。
あらゆる意味で、ストレスを解消することが可能になります。

診察室の状況も解りやすくなります

直接診察室まで行かなくても、クラウドサービスをりようするだけで診察室の様子が解りやすくなるでしょう。
それだけでも、手間が格段に減るので負担が少なくて済みます。
「できるだけ負担を少なく」ということを実現することができるサービスですので、ぜひとも利用をしてみて下さいね。