一見とても便利に思えるクラウドサービスですが、人がつくりだしたものである以上「万全なもの」ではありません。
そこにはメリットがありえばデメリットもありますので、きちんとデメリットについても把握しておくことが必要です。
では、どういったデメリットがあるのでしょうか。

そのサービスがずっと続くとは限らない

あまり考えたくありませんが、そのサービスがずっと続くとは限らないという問題点があります。
クラウドサービスを使うことで一番のメリットはなんですか?
バックアップを完璧にしておくことができるということではないでしょうか。確かにそれはすばらしいことなのですが、逆にいえば「サービスを提供している側がサービスをやめてしまった意味がない」ということにもつながります。

たとえば、もしかするとそのサービスは明日終わってしまうかもしれません。
無料で使うことができるようなサービスだと、ある日突然サービスが終わったとしても文句をいえないところがほとんどです。
もちろん、ほとんどのところはしっかりと告知をしてくれるでしょうが、データの数が膨大である場合はそれを移行するのも大変な手間になりますよね。

また、サービスを提供している側が突然倒産してしまう可能性もあります。
倒産してしまったら、もちろんサービスは利用できなくなりますので、データはなくなってしまうことになるでしょう。
データには、こういった怖さがあります。

クラウドサービスに問題がないともいえない

クラウドサービスも人の手が作り出したサービスですので、いつまでも何の問題もなくあるとは限らないという問題点があります。
何かがあったときは保障をしてくれるところが多いものの、消えてしまったデータはお金に換えられるものではありません。
特にそれが重要なものであった場合は尚更です。
このことを考えると、たとえクラウドサービスが便利なものであったとしても「全面的に頼りすぎることは難しい」ということを意識しておかなければならないでしょう。

クラウドサービスだけでなく、別の方法でしっかりバックアップをとっておくことが重要です。
クラウドサービスだけでなくどんなツールにもいえることですが、そればかりに頼り過ぎないこと、他の方法を模索しておくことは非常に重要なことです。
もしあなたがクラウドサービスを利用する場合は、そればかりを全面的に頼るのではなく、きちんと他のバックアップの方法も実践しておくことをおすすめします。