JOOTO(ジョートー)

シンプルにタスク管理ができるツール「JOOTO」

JOOTOは一定機能であれば無料で利用することができる、クラウド型のタスク管理ツールです。
ToDoリストを作成し、進行中のタスクと完了したタスクに移動しやすいので、こめな管理をシンプルに行なえます。
個人のタスク管理にも、チームのタスク管理にも利用しやすく、またアプリやプログラムのインストールをしなくてもすぐに利用できるという点からも人気があります。

JOOTOの便利な機能

登録したタスクが完了した時に、完了済のタスクに移動する際ドラッグ・アンド・ドロップで行うことができるのは、JOOTOを利用する上でもっとも便利な機能であるといってよいでしょう。
またチームでJOOTOを利用する時のメンバー追加や、作業中のファイルをメンバーに送る時などもドラッグ・アンド・ドロップで行えるため、どの端末でも使いやすいです。

また見やすいインターフェースもポイント。
スマホなどの端末では画面が小さいのであまり込み入ったデザインだと見難くなってしまいますが、JOOTOはシンプルなデザインなので小さい画面でもとても見やすいです。
またタスクを必要に応じて色分けできるので、担当者のタスクを色で分けて見やすくするなどの工夫ができます。
色分けについても簡単な操作で行えるので、何よりシンプルな操作で効率がよいのがうれしい点。

JOOTOの利用プランについて

JOOTOは一定の機能まで無料で利用することができますが、使用する容量や機能に合わせて有料のプランが3つ、無料プランと合わせると4つのプランが用意されています。
無料の場合、プロジェクトボードが3つに登録可能なユーザーがプロジェクトごとに3名ずつ、使用容量が500MBで添付可能なファイルが10MBまでとなっています。

有料プランで一番人気があるのは「ベーシックプラン」で、この場合プロジェクトボードが10個、登録可能ユーザー数が10名にアップしているほか、使用容量が無制限で添付可能ファイルが100MBと大きくランクアップしています。
絵文字も使えるので、楽しくプロジェクト管理ができそうですね。

有料プランで特筆すべき点は、「ガントチャート」が利用できるという点です。
ガントチャートとはプロジェクトを管理するための棒グラフのようなもので、作業を進めるための工程をわかりやすく表に表すことができます。
ガントチャートにすることで、ひと目でプロジェクトの進捗が確認できたり、大きな範囲で必要事項を見比べることができますので、チームでプロジェクトを進めている際などに便利です。
ガントチャートは有料プランであればどのプランでも利用できます。