Wunderlist (ワンダーリスト)

シンプルさが魅力のタスク管理ツール

「Wunderlist」は、インターフェースや搭載機能をよりシンプルにすることで、素早さと使いやすさを実現しているタスク管理ツールです。
プロジェクトを管理するというよりは、ポストイットでぱぱっとやることをメモしておくようなイメージなので、業務での利用はもちろん、買い物などプライベートシーンでも幅広く活用できます。
ちなみに利用方法で多いのは、買い物リストなのだそうです。
起動したら余計なタップをせずにすぐ入力することができるので、購入するものをメモするのにとても便利なのだとか。

また、Wunderlistはドイツで開発さらたツールになり、世界中のユーザーが利用しているのですが、日本のユーザーがダウンロードして利用を始めるのは、断然新年が多いのだそうです。
新年に一念発起して何かを始めようというときに、WunderlistにToDoリストを入力する人が多いとのことで、縁起のよいツールですね。

Wunderlistの画期的な利用方法

プロジェクトでのタスク管理においてもWunderlistの利用は適していますが、シンプルなので複数名のメンバーで業務として活用するには、他にもっと適したツールがあるかもしれません。
ここでひとつ、便利なWunderlistの使い方をご紹介しましょう。

それは、夫婦や家族間でのスケジュールやタスクをWunderlistで管理するという方法です。
例えば「FAMILY」という新規リストを作り、それぞれに夫婦や家族で共有すべきタスクを入力していきます。
例えばご主人は「日曜日に庭の手入れ」と入力しておき、このタスクにご主人用のマークを入れておくと、ひと目でこれは自分に割り当てられたタスクだなとわかります。

逆に、奥様に買い物ついでに何か買ってきてほしいときは、「ビールを買う」と入力して奥様のマークをしておけば、奥様が買い物中にチェックした時に、忘れずにビールを買ってきてくれるでしょう。
このように、Wunderlistは自分向けのタスクを管理するだけではなく、「自分が他人にやってほしいタスク」をリスト化し、共有することができるので、とても便利です。
ちなみに、WunderlistはGoogleカレンダーと同期することもできますので、リストに日付を入れておけば、「いつまでにやらなければならない」ということがすぐにわかります。

いろいろな機能がついていて多目的に使用できるツールも人気がありますが、こうしたシンプルなタスク管理ツールを探していたけれど、なかなか見つからなかったという人も多い様子。
老若男女を問わず使いやすいToDoリストを探している方に、Wunderlistはとてもおすすめです。