ウイルスバスター クラウド

日本におけるシェアがとても高いウイルスバスター クラウド

セキュリティソフトはたくさんの種類がありますが、日本国内において最もシェアが高いのが、このウイルスバスターです。
家電量販店などで購入したパソコンにプリインストールされている率も高いですし、パッケージ製品が販売されているコーナーではウイルスバスター クラウドが前面に出されていることも多いので、セキュリティソフトと言ったらウイルスバスターというイメージさえあります。

ウイルスバスター クラウドが人気の理由の大きなポイントは、初心者でもすぐに使えてとても便利であるということでしょう。
動作環境を選ぶことなく、どんなパソコンでも利用できますし、性能がそれほど高くなくてもスピーディーに動きますので、誰でも楽に使えるというのがメリットです。
また、中級者でも満足できるセキュリティー性能の高さや充実した機能がありますので、レベルを問わず利用できるというのも大きなポイントとなっています。

使いやすい操作画面が人気

ウイルスバスター クラウドの特徴の一つは、ビジュアル的に操作できるので、初めて使い人でも迷うことなく導入できるというものです。
イラストを使った操作画面がメインとなっていますので、難しい用語があまり理解できなくても、感覚的に操作できてとても便利です。
他のソフトから乗り換えた場合でも、すぐに操作の手順が分かりますし、設定の仕方もシンプルというのもうれしいところです。

このように初心者にも受け入れやすい簡単さが売りのウイルスバスター クラウドですが、デメリットもあります。
それは、動作が重いという点です。
もちろん、性能の高いパソコンでは大きなストレスを与えることはありませんが、エントリーモデルのパソコンだと作業が遅くなってしまうという感覚を味わいます。

特にWEB系のセキュリティー機能は、ブラウザとの相性もあって読み込みがかなり遅くなってしまうことがあります。
ストレスを感じるようであれば、ブラウザでのセキュリティー機能をカットすることも必要になります。

きめ細かなサービスが付いているのがうれしい

ウイルスバスター クラウドは、フィッシングサイトなどを自動的に検知して警告する危険サイト検知機能がついています。
ウイルスから保護するだけでなく、信頼性の低いサイト自体に立ち寄らないように助けてれるのがうれしいところです。

また、カスタマーサポートもしっかりとしていて、電話などでパソコンやアプリのトラブルについて相談できるというサービスもあります。
初心者でも安心して使えるきめ細かなサービスが満載ですので、初めてセキュリティソフトを導入するのにベストと言えるでしょう。