会社は常に危険にさらされています

日本はとても安全な国ですが、常に「泥棒」の危険と戦わなくてはなりません。
なぜなら、その会社の機密データというのは数百万円の価値がある可能性もあるからです。
他社からみれば、その機密文書があることでその店舗を出し抜くことができることもあるのです。
さらにいえば、データではなくお金が金庫から盗まれる可能性だってあります。
東日本大震災では、津波で破壊された店舗から多くの金銭が盗まれたということもあり、「すきあらば盗んでやろう」などと考えているとんでもない人間がいるのは事実でしょう。
だからこそ、企業ではしっかりセキュリティ対策をする必要があるのです。

いまや、神社やお寺でもセキュリティ対策をしています

神社やお寺には、時に「お賽銭」が投げ込まれますよね。
これは神様や仏様のための大切なお金ですが、外にある賽銭箱は「むき出しのまま、お金の入った箱が置かれている」ということになります。もちろん毎日お金の出し入れを行っている様ですが、それでも夜のうちに泥棒がきて、お金をとっていかないとは限りません。
だから、賽銭箱を取っていこうとしたり、壊そうとすると、自動的に作動するセキュリティシステムを取り入れているところもあります。下記の企業などが、そのサービスを提供しています。
>>>セキュリティサービス

このセキュリティサービスでは、泥棒が賽銭箱に手をかけようとすると音声で注意が飛ぶという方法を採用。
また、防犯カメラを使って24時間の監視も実施しています。
お寺や神社でさえ、この様なセキュリティサービスを実施している時代です。
それこそ、企業がなんの手もうたないなんてことはありえません。

企業のセキュリティサービスとは

企業のセキュリティサービスといえば、まずは「監視カメラ」。これは基本ですね。
誰がお店に入ってくるかをしっかりとチェックすることができるサービスです。
また、警備輸送や企業に常駐して警備をしてくれるサービスなども実施しています。
「アルソック」などが有名だとおもいますが、そういった企業を利用するのもセキュリティ強化の一貫ですね。
企業には大切なものがいくつもあるはず、そういったものをどうやったら守れるのかについて考えてみて下さい。