CBBの適用について

CBB(Current Branch for Business)とは、Windows10に搭載されているサービシングモデルのことです。
もともとはCB(Current Branch)として提供をされてきたものでしたが、これを企業内の活動に使用するためにより適合化させたものが「CBB」ということになります。

まずお使いになっているOSがWindows10であるなら、そのバージョンやモデルがどういったものであるかということかを確認してみてください。
確認方法としてはWindows10の[設定]-[システム]-[バージョン情報]を見てみることで、「Windowsエディション」の部分に「LTSB」といった文字が付加されています。

CBについても同様で、[設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows Update]-[詳細オプション]から「機能の更新を延期する」という部分にチェックが入っているとCBBで、チェックがなければCBということになります。

見分けをつけられないということであれば、サービス責任者や担当している外注のスタッフにたずねてみるとよいでしょう。

CBの使い道

Windowsのサービシングモデルは大きく分けて「CB」「CBB」「LTSB」があります。
そもそもなぜこうしたモデルが登場したかというと、Windows10がWindows最後のモデルとされており、今後は大幅なアップグレートはされないということが決定されているからです。

「CB」「CBB」「LTSB」というモデルはWindowsそのものがアップグレートされないため、その内部の変更をどの頻度で行うかということを、管理者側で指定するために行うものとなっています。

今後Windowsではサービスのバージョンアップを年に2回程度のペースで行うことをアナウンスしています。
このサービシングモデルは、そのバージョンをどういった形で実施していくかということを区別するために導入されているのです。

わかりやすく言えば、今後のWindowsアップグレートにおいては「CB」「CBB」「LTSB」それぞれの形で別々に行っていくということです。
早めに導入をすることにより、企業内でのアプリケーション活用に滞りが出ないようにすることができるでしょう。

「CB」と「CBB」がどう違うかというと、アップグレートが先行して行われるのが「CB」ということが大きな違いとなっています。
「CBB」を導入することにより、今後のWindowsアップグレートでより安定性が確認されたバージョンを使用することができるというメリットがあるでしょう。

Windows10ProもしくはWindows10Enterpriseでは、「CB」から「CBB」へ切り替えをすることができるようになっています。